セール情報!!
CD/レコードお売りください
専門店ならでは
の高額買取!
買取のご案内
はこちら



50年の買取実績のディスクユニオンにお任せください。
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア






      
  


RADIO CITY レディオ・シティー / LOVE AND A PICTURE (7")  1,575円
Radio Cityはパンク/ニューウェーヴの勃興期だった1978年に結成。スコットランドでもかなりの北部洲に活動拠点があったにもかかわらず、このバンドが見せてくれたのは、最高度に洗練された趣味の良さだった。それは今現在「パワー・ポップ」として知られるようになったものであり、カバー曲(Robert Johnson, The Records, Rubinoos, Brinsley Schartz, Nick Lowe, Cheap Trick等々)にオリジナルを交えた演奏をしていた。

シングル「Love and a Picture / She’s a Radio」を録音して1000枚リリースし、完売。当時の全国紙に載せられたレビューは好評で、全国放送のラジオにもかかり、No rth Sounds Radioでは「今月のシングル」に選ばれ、さらにはヨーロッパ中の音楽誌面で好意的に取り上げられた。]

A - Love And A Picture
B - She's A Radio


BEEZ ビーズ / THE BEEZ EP (DO THE SUICIDE) (7")  1,575円

バッキンガムシャーの南東に位置す るチェスハム出身の素晴らしいパンク4人組。バンド生活がスタートしたのは1977年、当初はBloo Liteと名乗っていたが、直ぐさまThe Beezにチェンジする。驚きの2枚のシングルを彼等自身のレーベル、Edibleから1979年にリリース。実際にデヴューシングルが録音されたのは 1978年の12月にルートンのクエスト・スタジオにて。

パンクファンの誰もが口を揃えて言う人気曲”Do The Suicide"はトップランクに位置し、オリジナルシングルは略入手不可能。

残念ながらバッキンガムシャー以外の都市では成功せず、1980年の終わりには解散してしまう。

近年に入り、コンピレーションのEBTM #1に彼等の1STシングルが収録されたのを切っ掛けに、人気が徐々に高まって行き、シングル曲+未発表曲を収録したアルバムが1998年に限定500枚でリリースされるが現在廃盤。

A - do the suicide
A - backstreet love
B - girl
B - you make me feel better



BEEZ ビーズ / THE BEEZ EP (EASY) (7")  1.575円

バッキンガムシャーの南東に位置するチェスハム出身の素晴らしいパンク4人組。バンド生活がスタートしたのは1977年、当初はBloo Liteと名乗っていたが、直ぐさまThe Beezにチェンジする。驚きの2枚のシングルを彼等自身のレーベル、Edibleから1979年にリリース。実際にデヴューシングルが録音されたのは 1978年の12月にルートンのクエスト・スタジオにて。

パンクファンの誰もが口を揃えて言う人気曲”Do The Suicide"はトップランクに位置し、オリジナルシングルは略入手不可能。

残念ながらバッキンガムシャー以外の都市では成功せず、1980年の終わりには解散してしまう。

近年に入り、コンピレーションのEBTM #1に彼等の1STシングルが収録されたのを切っ掛けに、人気が徐々に高まって行き、シングル曲+未発表曲を収録したアルバムが1998年に限定500枚でリリースされるが現在廃盤。

A - easy
B - vagrant


MACHINES (UK) マシーンズ / TRUE LIFE (7") (国内盤)  1,575円

1977年、ロンドンから東へ65kmにあるサウスエンド・オン・シーに住んでいたニック・ポールがバンド名をMACHINESと命名。最初の数ヶ月、1日12時間、唯一温かいキッチンでギターを弾き、曲を書いていた。およそ16曲仕上げ、地元の新聞に”早くて喧しく爆発的なベースとドラムを求む”とメンバー募集の公告を打つ。こうしてベースのダフが雇われ、そして彼がパブでドラムになるジョンを見つけ、1977年の6月頃に最初のギグを行う。

1977年後半に最初のデモをスタジオで録音し、そのデモは後にV.A.:Bored Teenagers 4に収録される迄リリースされなかった音源。1978年頭、バンドの2人のマネージャーがバジルドンに住む、少しお金に余裕がありレコード会社をスタートさせたい男をバンドに紹介。4曲入EPのTrue Lifeは彼のWax Recordsから1978年3月にリリースされ、バックスリーブにも記載されているが、音源は30分で録音し8ポンドで制作。1000枚プレスされたシングルは数日で完売し、ジョン・ピールのラジオ・ショーやキャピタルレディオ等で紹介され、シングルはオルタナティヴ・チャートの#20にチャートイン。メロディー・メーカーやNMEからは好意的な意見を受ける。バンドは有名なクラブ、ロキシーやヴォルテックス等で沢山のギグをこなすが、1978の7月にはニックが更なる音楽への追求と進化を求め、そしてジョンとの音楽性の違いからジョンを解雇する。ダフと共に新しいドラマーを求めオーディションを試みるが不発。ニックは小さな地方都市の町のパンクシーンに幻滅し、ロンドンに移る事を決意。そして彼は新しいバンド、THE COLLECTORS結成する。

A1. true life
A2. everythings techinical
B1. you better hear
B2. evening radio


USERS ユーザーズ / KICKS IN STYLE (7") 1,575円

1976年の9月、若いイギー・アンド・ザ・ストゥージズのファン達がンケンブリッジにて結成。たった2年半の活動は2枚のシングルと1枚のコンピ、そして約20回だけのライヴ、ファンジンへのインタヴューのみ。これほど魅力的で謎めいていたバンドは余りいない。

地元のレコードショップのオーナー、リー・ウッズがバンドのリハーサルに来てアドバイスするなど交流がスタート。後にバンドはリー・ウッズと共に”ロー・パワー”という自分の達のレーベルからシングル1枚だけのリリースプランを建て、全てのお金をこのプロジェクトに費やす。パンクが全国的になり始め、リー・ウッズは自身のショップから発信する形でレーベルをスタートし、ロー・レコーズが生まれ、第一弾リリースが彼等となった。

1978年の4月に2NDシングル・セッションを1ST同様、スペースワード・スタジオ。ミックスはあのデイヴ・グッドマン!”Dead on arrival"は2つのヴァージョンが存在し、1977レコーズではCDに収録されていないヴァージョンを使用し再発する。

A - Kicks In Style
B - Dead On Arrive
[2606]  [2605]  [2604]  [2603]  [2602]  [2601]  [2600]  [2599]  [2598]  [2597]  [2816
買取のご案内

CD/DVD/レコード/音楽書籍取り扱い!!買取の際は当店をご利用下さい!!

遠方の方/大量ご処分の方の買取もとっても簡単!

買取申込書はこちら
まずはお電話ください!
フリーダイヤル:
0120-396-067 

〒160-0022 新宿区新宿3-31-4 山田ビル7F


1.パソコンをお持ちの方はパソコンで登録
2.【買取申込書】をプリントアウトして
3.必要事項を記入して
4.お売りいただく商品を同梱していただいて
5.電話で宅急便を依頼
(送料無料サービスはCD・DVD・ブルーレイ・レコード・音楽本、10点以上からとなります!)
6.店舗に届いたら1点1点査定して
7.お支払いは現金か振込みでスムーズ

皆様のお持込お待ちしております♪

詳細はこちら!
フリーダイヤル:
0120-396-067
※携帯電話からは
03-5363-9779

メール受付はこちら
ds_punk_buy@diskunion.co.jp