セール情報!!
CD/レコードお売りください

専門店ならでは
の高額買取!
買取のご案内
はこちら



50年の買取実績のディスクユニオンにお任せください。
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア







 


●MELT-BANANA/FETCH


A-ZAP / JPN / CD / AZCD-009 / PNK1308-154 / 2013年09月24日 / 2,000円(税込)

「日本が世界に誇る」という言葉が最も相応しく、世界的にみても、常に最先端、最高峰のクオリティで突き進む凄まじいバンド「MELT-BANANA」。2012年からボーカル"Yako"とギター"Agata"による2人体制で活動し、精力的にライブをこなしながらも全12曲入りのフルアルバムがついに完成!!


 
前作"Bambi's Dilemma" でMELT-BANANA流のパンクでポップなアルバムをリリースした後、MELT-BANANA Lite名義でのノイズ満載なライブ版アルバムを経て、今作は7枚目のスタジオ録音のアルバムになる。

『このアルバムは実は2011年の1月から作り始めた。2011 年を迎えて、勢いよく始めたので制作スピードはいつもより速く、3月に入った時点で、今とは違う形でデモは完成しかけていた。そんな折、3月11日に東日本大震災が来た。そこで何かが変わった。余震が来るたびにレコーディングを中断したり、震災被害や原発のニュースをみると、なかなか制作に集中することが困難な状態になった。全然集中できなかった。

そうこうしているうちに、あっという間に月日が流れ、アルバムが完成しないままアルバムのリリースのために予定していたアメリカツアーが始まり、その間も録音は中断した。でも、3ヶ月近く日本を離れたせいか、少し気持ちが落ち着いたような気がした。自分で思ってたより、自分が変になっていたんだ、とアメリカで思った。

日本に戻ると、進まない復興や放射能が気になったりしながら曲を作り続けていたけど、そんななか、ライブを二人でやるようになってた。最初はドラマーとベーシストがいないのは、マイナスだと思ったけど、よく考えると、2人でやるってことは、” ライブは4人で普通のロックバンドのフォーマットでやらないといけない”、という制約から解放されるってことだった。

その頃から、やっと音作りに集中できるようになってきた。作り始めてからずいぶん時間が経ってしまったけど、心を落ち着けて、曲を完成させようと思った。自分たちが気持ちいいと思うリズムと音と音色を積み上げて、曲にしていこうって思って、それに集中した。

だから、今回のアルバムは自分の感覚や心に耳をよく傾けるようにして、ひとつの音が鳴ったあと、次にどんな音がくると、自分たちが心地いいかを突き詰めようとして作った感じだ。今までは、なにか聴いたことあるな、とか感じたものは基本的にボツにしたり、これはライブでできないからやめよう、とか少なからず制約があったのを、今回はあまりそういうことを気にしないで、出来る限り、自然体で、一音ずつ、自分たちの中にある、次に欲しいリズムや音程、音色をつないでいった。

そうやって音を作っていると、時に恥ずかしく感じたり、時に物足りなく感じたり、といった感じで、その時々の自分たちの心理や気分によっても欲しい音やリズムが変わることがわかった。だから、たくさんのVersionを作った。最終的には、自分たちにとって普遍的に心地よく感じるものを選んで完成、ということにした。そういうアルバム。』

MELT-BANANA は2012年夏から2人編成でのライブ活動を開始している。バンド歴も約20年になる今、PC を使った編成にするというのは、かなりチャレンジャーな動きで、リスクもあるように見えるが、どちらかというとこれからどうなるのか、という期待の方が見ていて面白い。実際、ライブ・サウンドは4ピース編成でのサウンドと遜色無い。国内でのライブ数も多く、イギリスではATP に参加、また、タイや台湾でのライブ等、海外でもライブ活動には精力的だ。

『バンドをはじめてからずっと生ドラムと生ベースでやっていたので、ライブで自分達自身も満足できるようにしたいと思っている。難しいし、生ドラムと全く一緒とにはできないだろうけど、PCを使う事でもっと色々な音が使えたりするから、まだまだやること、やれることはたくさんある。今考えてるのはライブ感をもっと感じれるようなライブにどんどんしていきたいってこと。』

アルバムのリリースの合わせて、10月にアメリカ・ツアーも予定しているMELT-BANANA。
まだまだ現在進行中のようだ。

(text by R.F.)


All songs by Melt-Banana

Recorded and mixed at Studio Ghost, Tokyo, Japan
except
Track 01:
Sound of waves were recorded early in the morning
at Senbon Beach in Shizuoka,
and Track 06:
Singings of frogs, insects and birds were recorded late at night
at Kasagi in Nyutacho, Tokushima.

Artwork by Resource Graphics.


●口ロロ:LOSTAGE:8otto/never light lovers / SAY TONIGHT

FLAKE RECORDS / JPN / CD / PNK1309-113 / 2013年09月24日 / 1,000円(税込)

2013年3月に発売されたアルバム『JAPANESE COUPLE』のリリースパーティを含めた単独演奏会を、8月24日(土)三重・三重県立文化会館 小ホール、8月25日(日)大阪・梅田Shangri-La、9月6日(金)東京・渋谷WWW、それぞれで開催した口ロロ。その単独演奏会にて、会場で1000枚限定で販売されたCD『never light lovers / SAY TONIGHT』が数量限定入荷!

2011年12月10日に、恵比寿LIQUIDROOMで行われた「LOSTAGE & SPACE SHOWER TV presents #oshare in LIQUIDROOM」にて共演したこの3組。この日、口ロロはいとうせいこう欠席の為、三浦康嗣と村田シゲ2人で出演。なにか面白い事できないかと模索した村田シゲは、クチロロの曲と、LOSTAGEと8ottoそれぞれの曲を混ぜ合わせる事を発案。勝手に制作したデモ音源を片手に、サポートドラムのオータコージ(曽我部恵一BAND)を引き連れ、関西方面に出向き、両バンドとリハーサルを敢行。その甲斐あって無事ライブは成功に終わったが、時間がかかって面倒だったわりに一晩だけの御披露目だったので、そんなに人の目に触れずに終了。その寂しさに耐えられなくなった村田シゲが、新レーベル・YOYOGI DEATH CULTUREを立ち上げ、大阪・南堀江のレコード店・FLAKE RECORDSと共同で、今回の音源リリースに至った。奈良のLOSTAGEと、大阪の8ottoが全面参加している。各楽曲の歌・演奏は全て新録音されている。




[コメント]


「時間はかかりましたが、鬼エモい思い出を形にする事ができました。やればできるんすね。面倒くさいことを悪ノリしてくれた参加者全員に感 謝。上手い事まとめた俺に感謝。」
口ロロ 村田シゲ

「個人的に非常に思い入れのある口ロロ楽曲だったので、NEVERLANDとのマッシュアップは色んな意味でグッときました。掛け合いになる展開の歌詞の意味なども汲みつつ、聴いていただけると面白いんじゃないかなと思います。」
LOSTAGE / THROAT RECORDS 五味岳久

「2013年、夏の超大作。口ロロ"TONIGHT" × 8otto"SAY"大好きな口ロロとのコラボという夢が叶いました。皆さんも是非とも夢を見て欲しいと思う、OK?夢を見てる奴らに贈るぜ。SAY TONIGHT!」
8otto TORA

●ラフベリーディッティーズ/SWEET TENDER BEAT PUNK

SUPERSESSIONS / JPN / CD / SSBA0003 / PNK1308-149 / 2013年09月26日 / 2,000円(税込)

最高な夜を迎えるまでは 転がり続け 転がり続ける 僕は歌うさ この歌を!ラフベリーディッティーズ 待望の新作、遂に登場!!!

2009年以来のラフベリーディッティーズの待望の単独音源!異文化交流イベントの先駆け的存在で注目を浴びたラフベリーディッティーズだが、 NEW ALBUMでは 本来の何処か古臭く懐かしいビートパンクを展開。タイトルになっている 『SWEET TENDER BEAT PUNK』は 彼らの憧れでもある八田ケンヂ(KENZI&THE TRIPS)が命名した。



●SOUL CRAP/SUPER FOXY

BLACK ALLIGATOR / JPN / 7"(レコード) / BAR001 / PNK1309-086 / 2013年09月25日 / 1,260円(税込)

Rockin Rockin ’Jelly Beanの描く70年代ブラック スプロイテーションの世界!そのサウンドトラックとして完成た本作は、まさにブラックパワー全開の時代生れたソウル・ファンを体現したSoulcrap描き下ろしのオリジナル曲で、目の前に広がる風景は NY の地下鉄、ハーレム雑踏、あちこから聞えるサイレンそれを横目に見なが颯爽と歩くアフロの女性。その後 その後 ろ姿は ろ姿は So Sexy!SheSo Sexy! Yes! SUPER FOXY! さらにカップリング曲のBLACK ALLIGATORは、当時のブラックパンサーを彷彿とさせる動家ブラックアリゲータのテーマ曲となっており、ドスきいたファズギターが印象深いデビー・アレンの世界観にも通じるイスト仕上がっている。



通販、お取置き等のお問い合わせはこちらまで

tel:03-5363-9779
e-mail:
ds7@diskunion.co.jp

[3890]  [3889]  [3887]  [3885]  [3884]  [3883]  [3882]  [3886]  [3881]  [3874]  [3877
買取のご案内

CD/DVD/レコード/音楽書籍取り扱い!!買取の際は当店をご利用下さい!!

遠方の方/大量ご処分の方の買取もとっても簡単!

買取申込書はこちら
まずはお電話ください!
フリーダイヤル:
0120-396-067 

〒160-0022 新宿区新宿3-31-4 山田ビル7F


1.パソコンをお持ちの方はパソコンで登録
2.【買取申込書】をプリントアウトして
3.必要事項を記入して
4.お売りいただく商品を同梱していただいて
5.電話で宅急便を依頼
(送料無料サービスはCD・DVD・ブルーレイ・レコード・音楽本、10点以上からとなります!)
6.店舗に届いたら1点1点査定して
7.お支払いは現金か振込みでスムーズ

皆様のお持込お待ちしております♪

詳細はこちら!
フリーダイヤル:
0120-396-067
※携帯電話からは
03-5363-9779

メール受付はこちら
ds_punk_buy@diskunion.co.jp