セール情報!!
CD/レコードお売りください
専門店ならでは
の高額買取!
買取のご案内
はこちら



50年の買取実績のディスクユニオンにお任せください。
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア






      
  

bloodthirsty butchers / kocorono 最終盤(完全限定プレス盤)
bloodthirsty butchers
kocorono 最終盤(完全限定プレス盤)
CD 3,240円(税込)
ディスクユニオンオリジナル特典:クリアファイル付き

※画像はイメージです。実際とは異なる場合がございますのでご了承ください。
※特典が無くなり次第終了となります。

歴史的名盤『kocorono』発売20周年を祝福するに相応しい、究極の記念碑!【最終盤】がリリース!

1996年10月23日に発売したアルバム『kocorono』。多くのアーティストやクリエイターに衝撃を与えると同時にある種の諦念をもたらせ、多くの熱心なロック・リスナーにとって今なお“特別な一枚”であり続ける本作は、発売から20年が経過した今日でもそのインパクトは衰えることなく強烈な存在感を放っています。
「2月」ではじまり「12月」で終わる11ヶ月の心象風景で綴られるこのアルバムから失われた「1月」を追加収録、12ヶ月がコンプリートした【完全盤】として2010年にリイシューされているが、今回はオリジナル盤をベースにボーナス・トラックを追加収録。スタッフの執念の追跡により奇跡的に発見された、幻の弾き語り楽曲『kocorono』がボーナス・トラックとして収録されます。84ページ豪華フックレット封入予定。

・84ページ(予定)豪華ブックレット封入
・完全限定プレス
・三方背スリーブケース仕様
・2016リマスター

ソングリスト
1. 2月/february
2. 3月/march
3. 4月/april
4. 5月/may
5. 6月/june
6. 7月/july
7. 8月/august
8. 9月/september
9. 10月/october
10. 11月/november
11. 12月/december
12. kocorono(未発表音源)

★パイントグラス付きセットは明日入荷予定です!!★

AMERICAN FOOTBALL / AMERICAN FOOTBALL
AMERICAN FOOTBALL
AMERICAN FOOTBALL
CD 2,689円(税込)

マイク・キンセラ率いる伝説のエモ/ポスト・ロック・バンド、アメリカン・フットボールが、1999年リリースのデビュー・アルバム以来、17年ぶりの新作を完成!

今作は、アメリカン・フットボールと、ジェイソン・カップ (アヴリル・ラヴィーン、フィンチ、ジミー・イート・ワールド、Sum 41、エヴァネッセンス等)によるプロデュースで、オマハのARCおよびシカゴのシャーク・スタジオにてレコーディングされた。歌詞対訳、ライナーノーツ付 (予定)。

※本商品は金曜販売開始商品のため、商品のお届けは発売日当日以降になります。

ソングリスト
1. Where Are We Now?
2. My Instincts Are the Enemy
3. Home Is Where the Haunt Is
4. Born to Lose
5. I’ve Been So Lost for So Long
6. Give Me the Gun
7. I Need a Drink (or Two or Three)
8. Desire Gets in the Way
9. Everyone Is Dressed Up

フジロッ久(仮) / 超ライブ
フジロッ久(仮)
超ライブ
LP 3,024円(税込)

※限定盤の為、イニシャルショートした場合(当社入荷数が予定よりも少ない場合)、入荷数以上のご予約については全てキャンセルとさせていただきます。その場合、代替品のご用意はいたしかねますので、予めご了承の上ご注文ください。

2016年の日本インディー・ロック、パンクを代表する名盤!!と高い評価を得たフジロッ久(仮)の最新アルバム 「超ライブ」のアナログレコードでの発売がいよいよ決定!

フジロッ久(仮)2004年結成。これまで3枚 のアルバムを発表。幾度のメンバーチェンジを重ねながらも、 ルーツであるパンク・ロックのエッセンスを継承しつつ時代にフィットしたリアルな言葉、サウンド、皮膚感覚を頼りに、インディー・ロック/パンク・シーンのなかで、人々やカル チャーをコネクトする独自の動きを続けている。cero、シャムキャッツ等を代表とする現在の日本インディー・ロッ クシーンとは全く違う文脈でありながらも独自の音楽性を構築し、小沢健二、ザ・ブルーハーツ、忌野清志郎、大瀧詠一、つんく♂らからの色濃い影響を現代の言語感覚と解釈で、あくまでも本来の意味での「ポッ プ」なバンドサウンド、メッセージに結実させることに成功している。また、今回レコード化される最新アルバム「超ライブ」は、元 ピチカート・ファイヴの小西康陽氏が賞賛のライナー文章を寄せ、 既に耳の早い音楽リスナーや松永良平氏をはじめとするライ ターの間で「2016年を代表する名盤のひとつ」との高い評価を得るなど、 バンドにとって正に最高傑作と呼べる作品。シングル収録曲「あそぼう」「ドゥワチャライ久」「おかしなふたり」をはじめ、往年のアイドル・ディスコ歌謡を現代のバンドサウンドに昇華 させたかのような人気ナンバー「ワナワナ!」等を含む全11曲を収録。
また、ゲストプレイヤーとしてMC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)あだち麗三郎(片想い)小池隼人(オーライブラス) ゲストボーカルとして中川理沙(ザ・なつやすみバンド).春太郎(NATURE DANGER GANG).野村(NATURE DANGER GANG)みの軍曹が参加。
全音楽ファン必聴のフジロッ久(仮)「超ライブ」は200枚完全限定生産でのアナログレコード化です!!売り切れ必至!!

※アーティスト様の意向により、完全限定生産200枚中、約半数100枚に帯・約半数100枚にステッカーが付きます。
※数量限定なので"帯ヴァージョン"・"ステッカーヴァージョン"、いずれもランダムになります。予めご了承下さい。

ソングリスト
A1. ライフ
A2. おかしなふたり
A3. 逆らえ!
A4. ドゥワチャライ久
A5. ごはんのテーマ
B1. あいらぶゆー
B2. パーク
B3. あそぼう
B4. 結婚しようぜ
B5. ワナワナ!
B6. ライブ

TVTV / I'm trouble
TVTV
I'm trouble
7" 972円(税込)

2010年頃茨城県水戸市にて結成、前身バンドのTransistorsを母体としたSickness Raw Punkバンド、TVTV。

水戸は関東圏内でも日本全国を見ても突出したPunkバンドを産んだ土地(広く見て周辺地域含む)であり、過去~現在において様々なバンドが活動しており、Late Knocks(現Middle Edge)、Dials、Evil Substitute、The Novice等は正式な音源のリリースもあり各地で知られた存在であった。さらに拠点となる市内に良質Punk Rockレコードを取り扱う店舗もありこれらを中心に大きく広がった世代が多く、現在活動中のバンド内にも多大な影響を及ぼしている。前身バンドから数えると上記バンド達と同時期に活動していたものの正式音源はなく、幾度かのメンバーチェンジ後活動拠点を東京に移し今年になって2曲入りのDEMOを自主リリース、初の正式音源へのイントロデュースとも取れる内容でその存在と期待を持たせた。

彼らのサウンドはUK/US Punk Classicは勿論の事、Killed By Death初期作品でも印象的なThe MadやFreestone、Warsaw~Joy DivisionからThe Soundに繋がるPunk/Post Punk等の影響も強く、現行ではDaily Void、Sweet Rot Records周辺やLe Face等のサウンドに共通項を感じる。
 
今回の7"収録曲は上記DEMOと同日にレコーディングされたもので、両面ともに鋭角に繰り返し切り刻まれるリフや陰鬱な雰囲気漂わせるバンドサウンドを象徴するようなベースライン、派手さを切り落として的確に展開されるドラムに内面の抑揚が瞬間的に激しく狂った様に歌うボーカルが印象的であり、聴覚知覚に緊急性を与える印象的なギターが鳴り響くA面「I’m Trouble」、数多の70'sパンクバンドが歌詞に認めた言葉をタイトル曲にした「Black & White」の2曲を収録。



ソングリスト
A1. I'm trouble
B1. Black & White

LAST DAYS OF APRIL / SEA OF CLOUDS
LAST DAYS OF APRIL
SEA OF CLOUDS
CD 2,077円(税込)
※輸入盤。

バンド結成20周年を迎えるスウェーデン産エモの至宝、ラスト・デイズ・オブ・エイプリル。

スウェーデンのラスト・デイズ・オブ・エイプリルは、パンク・バンドをやっていたKarl Larsson (カール・ラーソン)を中心に、1996年に結成されたエモ系のインディ・ロック・バンドだ。1997 年、デビュー・アルバム『Last Days Of April』をリリース。1998年のセカンド・アルバム『Rainmaker』をはさみ、2000年にはサード・アルバム『Angel Youth』をリリース。このアルバムがスウェーデン以外でもヒットし、世界的な注目を獲得。エモのシーンを中心に高い支持を集めるようになる。その後も、『Ascend to the Stars』(2002)、『If You Lose It』(2003)、『Might As Well Live』(2007)、『Gooey』(2010)、『79』(2012)とコンスタントにアルバムをリリース。 2015年には通算9枚目となる当アルバム『Sea Of Clouds』をTapeteよりリリースした。

ソングリスト
1. The Artist
2. The Way Things Were
3. Oh Well
4. The Thunder & The Storm
5. Everybody Knows
6. Sea Of Clouds
7. Someone For Everyone
8. Every Boy's Dream
9. Get You

EL ZINE / vol.22
EL ZINE
vol.22
BOOK 600円(税込)

●POISON IDEA (今夏、自主レーベルより「Calling All Ghosts」12"EPをリリースした米国Kings Of Punk:POISON IDEAのヴォーカル/Jerry Aへのインタヴューby RECORD BOY/大倉 了氏)

●コラム:ボクとPOISON IDEA
(「ボクとPOISON IDEA」と題したコラムを、バンド/レーベル関係の方々に執筆して頂きました)
執筆陣:
・山口大介氏(MIDNIGHT RESURRECTOR/TECHNOCRACYギタリスト)
・マエダシンゴ氏(TOO CIRCLE RECORDS)
・Souichi氏(FORWARD/G.I.S.M./UNDER THE SURFACE RECORDS)
・骸 aka Guy/大小田伸二氏(ORIGIN OF M/DISK SHOP MISERY/BLOODSUCKER RECORDS/SAVE THE HIROSHIMA)
・今村紀康氏(TOM AND BOOT BOYS/ASUKA AND THE BUM SERVANTS/POGO 77 RECORDS)
・Mr.Koketsu氏・鈴木智士氏・岡本正貴氏(kriegshog)

●NEGATIVE INSIGHT (アメリカのパンク・ファンジン:NEGATIVE INSIGHTを発行しているErik[レーベル:SOCIAL NAPALMのオーナー]へのインタヴュー)

●RIOT CITY RECORDS/暴動都市物語前編 (80's UKハードコアを象徴するレーベル:RIOT CITY RECORDSのオーナーであるSimon Edwardsへのロング・インタヴューby NEGATIVE INSIGHT)

●LOS CRUDOS (12月に来日を予定しているラティーノ・ハードコアの雄:LOS CRUDOSのオリジナル・ギタリストであるJose Casasへのインタヴューby Luis)

●ブラジルのパンクスが見たRIO OLYMPICS 2016 (ブラジル各地でアンダーグラウンド・シーンに関わっている方々に、リオ・オリンピックに対するそれぞれの見解を寄稿してもらいました)

●MASTER MUSICIANS OF JOUJOUKA FESTIVAL2016レポート (アフリカ:モロッコのジャジューカ村で千年以上前から受け継がれてきた音楽「ジャジューカ」。7月にその村で開催されたフェスティヴァルのレポートby 大久保潤氏)

●SADIST (TOTAL FUCKER RECORDSオーナーやG.A.S.H.、VIDEO FILTH、ASPECTS OF WARなどのメンバーからなるボストンのダーク・パンク・バンド:SADISTのヴォーカル/Ghostへのインタヴューby Luis)

●infiAl (トルコのアナキストたちによる、イスタンブールのソーシャル・スペース/カフェ:infiAl。その運営スタッフ/Karaumut氏に訊く、トルコの現在の政治状況等についてby 鈴木智士氏)

●GIG REVIEWS:NOWHERE TO RUN FEST (ニューヨークで8月に開催され、先日来日も果たしたBELGRADOも出演したポスト・パンク・フェスティヴァル:NOWHERE TO RUN FESTのレポートby Jose)

●GIG REVIEWS:PUNK DEPARTURE (栃木県栃木市かかしの里で9月に開催され、LIFEやNOT A NAME SOLDIERSなどが出演したFORTVIVLAN企画のハードコア・パンク・ギグのレポートby Saji氏)

●PSYCHO SQUATT (フランスの女性ヴォーカル・ハードコア・パンク・バンド:PSYCHO SQUATT。そのギタリストであり、レーベル/コレクティヴ:MALOKAを運営しているRudyへのインタヴュー:第2回目by Grzester)

●APURTU (バスクのパンク・ロック・バンド:APURTUのギター・ヴォーカルであるAitorへのインタヴュー:最終回by Grzester)

●PUNX VIEWPOINT:イギリスのEU離脱について (国民投票によって今年の6月、EUからの離脱が決定したイギリス。この件についてどう思っているのか、ロンドンのパンクスに聞いてみました)

●LASHING SPEED DEMONS (西海岸パンクの巨星:Xの1stアルバム「LOS ANGELES」とその周辺に関するテキストby 大越よしはる氏)

トートバッグ / RIKO×girlside 2016 TOTE BAG L
トートバッグ
RIKO×girlside 2016 TOTE BAG L
GOODS 2,160円(税込)

【RICO×Girlside TOTE BAG】

国内外で活躍するイラストレーター、HELMETUNDER GROUND & RIKOさん描き下ろし作品!

ディスクユニオンに通っているような音楽を好きな女の子を描いて下さいました。後ろに見えるジャニス・ジョップリンやラヴィン・スプーンフルのイラストもセンス良し!

■HELMETUNDERGROUND & RIKO / ヘルメットアンダーグラウンド・アンド・リコ栃木県那須塩原市生まれ、都内在住のイラストレーター。記憶や思い出に憧れを混ぜ合わせ、お気に入りのレコードを聴きながらイラストを描く。ファッション雑誌での星占いページ/挿絵の他、多数のファッション・ブランドとのコラボレーションに加え、近年ではThe Bawdiesのツアーグッズのイラストや、雨宮まみさんの著書「まじめに生きるって損ですか?」の装画を担当したりと幅広く活動中。2014年には初の画集『I'm Here』を発売。国内外問わず、CDやレコードのジャケット/フライヤー/グッズを手掛ける等、音楽との縁が深く自身のバンド(Black Tulips、Housewife Punks、Minor Toast)での活動ではドラムを担当。
【ウェブサイト】http://helmetunderground.tumblr.com
 
LPレコードも余裕で収納することができ、デイリーにも使えるたっぷり収納の大型トート。
生地はコットン100%のキャンバス地、12オンスもある丈夫な生地を使用しています。
 ・全てハンドプリント
国内のシルクスクリーンプリント職人の手によって1点1点、丁寧に刷られています。
素材 : コットンキャンバス(12オンス)
サイズ : 高さ48cm 幅40cm 奥行き15cm
容量 : 約20リットル
 


 
 

 
お取置き等のお問い合わせはこちらまで

tel:03-5363-9779
e-mail: ds7@diskunion.co.jp


<友だちになる方法はこちら!>友だち追加数LINEアプリを開く→右下のその他→友だち追加→ID検索→ @diskunion_ds7 と入力→完了

[6160]  [6144]  [6159]  [6158]  [6157]  [6156]  [6154]  [6155]  [6153]  [6152]  [6151
買取のご案内

CD/DVD/レコード/音楽書籍取り扱い!!買取の際は当店をご利用下さい!!

遠方の方/大量ご処分の方の買取もとっても簡単!

買取申込書はこちら
まずはお電話ください!
フリーダイヤル:
0120-396-067 

〒160-0022 新宿区新宿3-31-4 山田ビル7F


1.パソコンをお持ちの方はパソコンで登録
2.【買取申込書】をプリントアウトして
3.必要事項を記入して
4.お売りいただく商品を同梱していただいて
5.電話で宅急便を依頼
(送料無料サービスはCD・DVD・ブルーレイ・レコード・音楽本、10点以上からとなります!)
6.店舗に届いたら1点1点査定して
7.お支払いは現金か振込みでスムーズ

皆様のお持込お待ちしております♪

詳細はこちら!
フリーダイヤル:
0120-396-067
※携帯電話からは
03-5363-9779

メール受付はこちら
ds_punk_buy@diskunion.co.jp